2009年02月23日

審査申し込み

サラ金審査の際、審査に通るように誇大申告をしちゃえ・・・というのは大きな間違いです。
たとえば、申込時の他社借り入れ件数。
消費者金融は、信用情報機関に確認をとりますから、その際嘘をついていればすぐにバレます。
嘘をついている事実そのもので、大きくマイナスになるのは当たり前。
また、年収についても、正直に申告しましょう。
一般的に、自己申告年収は重視されませんが、業種や役職である程度の予想はつくものです。
もし誇大記載をしていると、これは嘘をついているかも・・・と、やはり信用を落とす結果になってしまいます。
いずれにせよ、現実返済をするのは自分。
借り入れ審査申し込みの際は、正直に申告を行いましょう。

今日のおススメ記事
芸能人の年収
税理士の年収
弁護士の年収
公認会計士の年収
会計士の年収
不動産鑑定士の年収
弁理士の年収
行政書士の年収
社会保険労務士の年収
中小企業診断士の年収


posted by 安心 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114689601

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。